沿革

日精研は1947年に設立され、1966年に法人化されました。
歴史は古いですが、心理サービスという、当時としてはほとんど知られていない、
いわばベンチャーともいえる事業に挑戦してきた会社です。

1947 – 1966

わが国の代表的な心理テストである内田クレペリン検査の研究機関として、その著者·内田勇三郎によって1947年に設立されました。内田クレペリン検査は、当時の国鉄での導入を皮切りに、高度経済成長期を迎える産業界に広く普及しました。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

1947 – 1966

わが国の代表的な心理テストである内田クレペリン検査の研究機関として、その著者·内田勇三郎によって1947年に設立されました。内田クレペリン検査は、当時の国鉄での導入を皮切りに、高度経済成長期を迎える産業界に広く普及しました。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

1947 – 1966

わが国の代表的な心理テストである内田クレペリン検査の研究機関として、その著者·内田勇三郎によって1947年に設立されました。内田クレペリン検査は、当時の国鉄での導入を皮切りに、高度経済成長期を迎える産業界に広く普及しました。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。

  • 1947

    内田 勇三郎は、内田クレペリン検査(以下 UK検査)の本格的普及と研究のため、自宅(渋谷区)に日本·精神技術研究所(日精研)を設立。